summer school

第56回生物物理若手の会 夏の学校(9/2〜9/5)

無生物から生物の科学

サイト検索



Sessions & Lecturers

オープニングセッション

夏の学校のトップバッターを飾る講演です.

毎年,生物物理分野の広範囲を見渡す講演や,若手を激賞する講演を行なっておりますが,本年は,テーマ「無生物から生物の科学」のイントロとして,他にないアプローチ,スタンスに立って「生命」と対峙している先生をお呼びします.

独特な生命観をもつ講師による講演を通して,「生命」にまつわる問題意識の共有を行うとともに,多様なアプローチが可能な「生命らしさ」への問いかけの深さを再確認し,『「生命」とは何か?』を考えることの意味自身に参加者を誘いたいと考えております.

講師:

郡司ペギオ幸夫 先生(早稲田大学 教授,生命システム・意識の起源)

メインシンポジウム & パネルディスカッション

夏の学校の基幹となる全員参加の企画群です.

本年は,テーマ「無生物から生物の科学」に基づき,異なる視点・アプローチで生命研究を行っている先生を3人よる連続講演から始まり,グループワーク,パネルディスカッションを交えつつ,各々の持つ生命観について議論を行っていきます.

講演では,

・数理科学から普遍則を探り現象を統一的に捉える立場

・生体の個々の「パーツ」となるタンパク質や細胞を理解する立場

・生体分子や細胞を人工的に合成することで「生命」の構築に必要な要素を探る立場

の3つの大まかなくくりから一人ずつ講師を招聘し,各々の考える「生命らしさ」を主軸にご自身の研究についてお話ししていただきます.

また,毎講演後,30分間のグループワークを通じて参加者同士自らの専門を活かし合いながら理解を確認し合い,講演内容の消化不良を防ぐとともに,この後に行うパネルディスカッションを円滑に進める準備をします.

全講演終了後には,講師の先生方に再登壇していただき,総まとめとしてパネルディスカッションを開催します.

講演していただいた3人の先生に前に出ていただき,グループワークで出た感想を発表,さらに先生方へ,

・先生方の考える「生命」とは何か?

・「生命」を「理解」するとはどのようなことか?

・「生命を理解する」ために,今後必要だと思うことは何か?

といった質問をぶつけていきます.また,先生同士でも,お互いの研究がどのような影響を及ぼしうるか意見を交わしていただきます.

このようにして,「『生命を理解する』とはどういうことか?」をめぐり,参加者・講師双方で意見をぶつけ合い,分野の垣根を越えて議論を繰り広げたいと思います.

これら一連の講演・議論通じ,一つの問題に対する多様な視座を獲得するとともに,自らの立ち位置を明確にする契機を作りたいと考えております.

講師:

原田慶恵先生(京都大学 教授,DNAの一分子計測)

木賀大介先生(早稲田大学 教授,人工生命の作製)

佐野雅己先生(東京大学 教授,非平衡系の物理学)

分科会

メインシンポジウムでは,「生命を理解するとはどういうことか?」という一つの問いを通じて,様々な視点から「生物物理」のいわば「幹」の部分を見渡すことを目的としています.その一方で,「枝」や「葉」にあたる個別のトピックには手が届かず,また,それぞれの詳細を見ていく時間もありません.

そこで,分科会では生物物理の最先端の話題に焦点を当て,集中講義形式でそれら一つ一つを丁寧に掘り下げていきます.その分内容が狭くなり,万人向けでなくなるのを考慮して,2本の異なる分科会を同時進行で開催し,参加者各々が興味に応じてどちらを聞くか選択する方式を取ります.

さらに今回は,同時並行2本×2セット計4つの分科会を,生物物理若手の会全国の各支部がそれぞれオーガナイズします.支部ごとの特色を大いに活かしたセッションにより,単独支部運営では成し得ない幅の広がりと奥行きを実現させたいと思います.またこれにより,初めて若手の会の活動に参加する人でも各支部の雰囲気や支部員の顔を知ることができるので,新たな支部員を獲得するとともに夏学後の支部活動への参加促進にも繋げたいと考えています.

北海道・東北支部:細胞内外の力の伝達と集団運動

講師:

水野大介 先生(九州大学 准教授,非平衡系の細胞メカニクス)

木村暁 先生(国立遺伝学研究所 教授,細胞内空間のデザイン原理と力学的基盤の理解)

関東支部:タンパク質デザインと生物物理の最前線

講師:

古賀信康 先生(分子科学研究所 准教授,計算機シミュレーションと生化学実験によるデザイン可能なタンパク質の探求)

松浦友亮 先生(大阪大学 准教授,進化分子工学によるタンパク質の機能デザイン)

中部支部:遺伝子制御

講師

廣田毅 先生(名古屋大学 特任准教授,体内時計リズムの低分子化合物での制御)

緒方博之 先生(京都大学 教授,世界中の海洋性プランクトン遺伝子の系統的な解析)

関西支部:ユニークな巨大生体分子・組織の研究 〜放射光構造生物学の最前線〜

講師:

岩本裕之 先生(Spring-8 主幹研究員,マルハナバチ飛翔筋X線高速撮影)

加藤公児 先生(北海道大学 助教,巨大タンパク質構造解析)

クロージングセッション

講師:

未定

交流会

夏の学校という一つの場に集まり,これから4日間ともに過ごす参加者同士が,まずお互いのことを知り,仲良くなるきっかけをつかむための時間です.今回は,参加者全員の研究内容・興味を一望しするために,フラッシュトークという企画を実施します.事前に提出してもらったスライド1枚を前に,立て続けに一人1分間ずつ自己紹介をしてもらう,というものです.

参加人数が多いと,ついつい特定の人とだけ話して,その他の人のことは結局何もわからずじまい,ということになりがちです.共通の興味を持つ人がいながら,話しかけることなく最終日を迎えてしまうこともありえます.

フラッシュトークならば,どの参加者がどんな興味を持ちどのような研究をしているのか,初日のうちに顔・名前ともに把握することができます.気になる人を見つけて,懇親会や空き時間に積極的に声をかけに行く,そんな上手い流れを作るにはもってこいです.

ポスターセッション

毎度おなじみの,研究の話を通じて参加者間の親睦を深める企画です.毎晩夕食後,希望者がポスターを持ち寄り,参加者同士で自主的に自分たちの研究を紹介し合います.

懇親会と同時同会場にて開催し,好きな時に好きなだけ話す自由なスタイルです.そのため話し手も聞き手も気軽にコメントし合い,より詳細な背景から普段は話さないような裏話にまで発展していくことも多々あります.時には,参加者だけでなく,講師の先生もふらりと立ち寄り,慌ただしい学会の時とは打って変わり,じっくり深く話を聞いていただけることもあります.

最新の研究の動向を知るため,というよりかは,夏学ならではのアットホームな雰囲気の中,研究の話をきっかけにして,参加者同士,時に講師の先生とも仲良くなるための場です.

特別企画

先生方によるジャーナルクラブと銘打って,普段 研究室で学生が先生の前で発表する論文紹介を,逆に講師の先生方にやっていただきます.

夏の学校では,話題豊富な最先端の研究の話を聞けることももちろんですが,先生方が研究者になるに至った経緯や動機,裏話が聞けることも,他では得られない大きな醍醐味です.

そこで,講師の先生方に,今まで読んできた論文の中から印象に残ったもの,研究の転機になったもの,若い世代にも読んでもらいたいものを紹介していただくことで,大御所の先生や新進気鋭の先生が今に至るまで何を考えどのようなものの見方で研究に臨んできたのかを垣間見たいと考えています.論文のチョイスや,読み方,目の付け所に,その先生の人となりや独自性の源がにじみ出るはずです.

論文紹介を通して,「研究人生の先輩」から若手へのメッセージを送っていただきます.