26 Feb2015
生物物理若手の会関東支部の木下と申します。

3月21日(土)、2014年度 第3回3若手合同セミナーとして、学振セミナー+研究コラボセミナーを開催することとなりました。
学振セミナーでは、日本学術振興会特別研究員DCやPDの採用経験者の方に書類作成時のポイントなどについてご講演頂き、質問や交流の時間を設けます。
また研究コラボセミナーでは、共同研究の立ち上げ方・進め方について、経験者をお招きしてご講演頂きます。
ご都合のよろしい方は、ぜひご参加くださいますようお願い致します。



以下、詳細です。
参加される方は、【3月14日(土)】までに以下のフォームからお申し込みください。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

登録フォーム

----------------------------------------------------------------------------------------------------

●日程
3月21日(土)

●場所
お茶の水女子大学 大学本館 135教室(丸ノ内線茗荷谷駅 徒歩10分)
地図:http://www.ocha.ac.jp/access/campusmap_l.html (①の建物)

●スケジュール
(一部変更となる可能性もございます。ご了承のほどお願い致します)

【第1部・三若手合同学振セミナー】
※お茶・お菓子代として100円を集めさせていただきます。
12:30- 受付開始
13:00-15:00
学振採択経験者によるご講演

・松下祐福さん:
 DC1, 数物系科学, ナノバイオサイエンス, 生物物理若手の会, 現東京大学D1

・梶田真司さん:
 DC2, 生物, 生物物理学, 生化学若い研究者の会, 現東京大学D3

・瀧山健さん:
 DC1(東京大学) ,SPD, 工学, 感性情報学・ソフトコンピューティング、脳科学若手の会, 現玉川大学

分野、採択区分の異なる3人の方にお話頂きます。書類、面接準備のお話に加え、
採択後の研究生活についても触れて頂く予定です。


15:15~16:15 質問・交流会
グループを作り、特にお話を伺いたい講師の方と質問をする場とします。
今後学振に応募する予定の方は、この機会に色々伺ってみてください。
参加者には学振をはじめ様々採択歴のある方もいらっしゃると思いますので、ぜひ有意義な交流の場として頂ければと思います。 



【第2部・研究コラボセミナー ~共同研究の実例~(生化若手主催セミナー)】

16:30~18:00

講演①「物理学で記述する生命現象」
東京農工大学テニュアトラック特任准教授 栁澤実穂先生
(元 生物物理若手・元関東支部長)
栁澤実穂HP

講演② 「分野融合と共同研究によって迫る『細胞丸ごとの理解と再構成』」
慶應義塾大学助教 藤原慶先生
(元 生化若手・元関東支部長)
藤原先生HP


◆企画意図

所属ラボ以外の研究を学んだり、交流したりする事は大切だとよく言われていますが、
実際に自ら共同研究を発案し、成果をあげた例を聞く事は少ないと思います。
今回お招きする栁澤先生、藤原先生はご夫婦であり、違うラボに在籍しつつ若手の時期に共著で論文を出すなど、ユニークなご経歴をお持ちです。
本企画では、このような共同研究に取り組む事となったきっかけや意義、成果などをお話頂き、若手研究者である皆様に、今後共同研究という選択肢を考えて頂く場となればと願っております。

また、おふたりとも学振DC、PDの採択者でもあり、学振セミナーにご興味のある方にとっても意義深いお話となることと思います。



●懇親会
18:30-20:30(前後する可能性あり)

@たかの家(茗荷谷徒歩1分)
http://r.gnavi.co.jp/g220032/
懇親会会費 3000 円
懇親会からのご参加も大歓迎です!



ご質問・ご意見などがございましたら、参加登録フォームまたは三若手メールアドレス(inter.wakate@gmail.com)までお気軽にお問い合わせ下さい。

皆さまのご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております。

_____________________



[運営スタッフ]

生化学若い研究者の会:有澤琴子、野崎智裕、浅川賢史、藤万里子

生物物理若手の会:木下慶美、工藤 恒、河合秀信、坂田樹哉
脳科学若手の会:池田宗樹、村井祐基

カテゴリー: 総合, 投稿者: bpkanto,